FXと外国の通貨

包茎というのは、日本人の男性の多くが悩んでいることですが、

その多くは、まあ包茎治療包茎手術が必要のない程度だったりします。

 

でも運悪く、たまたま包茎治療包茎手術が必要なレベルの包茎の場合、

実際に治療や手術をどこで受けようか悩むと思います。

 

なかなか一般的ではないですし、ナイーブな部分と言うことで、友達などに

気軽に聞ける話でもないですし、経験者でないとなかなか実際のところは

わからないでしょう。

 

そういう意味では、包茎専門のクリニックなどで聞いてみるしかないところです。

インターネットで検索すると、最近は泌尿器科でも治療を行っているそうですので

もし包茎治療や包茎手術を行う場合は、色々と聞いて調べてみることをお勧めします。

 

確かに無料で見てもらうにしても、恥ずかしいので何度も行きたくないところでしょう。

でも包茎治療も他の治療同様に、最初の説明と違う方法で治療されたり、法外な治療費を

請求されたというような問題もあるそうなので、自分の目で信頼できるところを探すことが

一番大事になります。

見つけるまでは、恥ずかしさは、しばしの我慢です。

厳密には「中国」とは、「中華人民共和国」と「中華民国」を指し、それぞれ別の貨幣(人民元とニュー台湾ドル(TWD))が使用されていますが、成長を続けている中華人民共和国は、近年の日本における最大の貿易相手国となっています。

 

人民元の特徴としては、それまでの米ドルとの ベッグ(連動)制から、2005年に、複数の通貨と連動する通貨バスケット制に移行したことと、中国共産党の独裁により、為替レートが中国人民銀行の完全管理下におかれていることが挙げられます。

 

ちなみに、通常、為替レートは様々な要因から変動する為、完全管理を行うことは出来ませんが、中国では、貨幣を国外に持ち出したり、人民元を外貨に交換する事を厳しく規制しており、それによって、為替仲介による為替レートの完全管理を可能にしています。

 

為替のペッグ制や為替介入により、膨大な貿易黒字や外貨準備高などを保持し、近年の急成長率を維持してきた中国に対し、人民元を意図的に低く固定して大量の輸出をしている≠ニの批判がアメリカを中心に起こるようになりました。

 

その結果、人民元切り上げに繋がり、同時に、 複数国との複数の通貨と連動する通貨バスケット制への移行になりました。

 

しかし、現在のレートでも人民元の価格が低すぎるとの意見もあり、その圧力から、今後も人民元切り上げや、変動相場制への移行もあると、言われています。

第二次世界大戦以前には基軸通貨だった「英ポンド」ですが、現在の基軸通貨の米ドルとは異なる値動きをします。また、他の貨幣に比べ、金利が高く、変動幅が大きいことなども特徴のひとつと言えます。

 

その理由として、日本やアメリカなどとは異なり、貿易に対する依存度が少なく、金融や不動産などの第3次産業が盛んなこと、主要通貨のなかでは流動性が比較的少ないこと、取引の参加者がイギリス中心に限られている割に、投機的な大口取引が多いこと、などがあると言われています。

 

貿易に関しては、イギリスは日本と同じく加工貿易が主体となっていますが、北海油田を保有していることから、原油輸出国でもあります。

 

EU加盟国の中には、ユーロを採用していない国もあります。

 

理由は各国により異なり、国民の賛成が得られなかったり、EUの採用基準に満たなかったりなど、様々なようです。

 

現在、イギリスはユーロを採用してはいませんが、将来的に、国民の賛成が得られ、採用された時には、大きな相場変動が起こるという見方もあります。

世界三大通貨の一つである「ユーロ(EUR)」は、ヨーロッパ各国の各分野における統合に向けて、統一化された通貨で、現在、欧州連合(EU)27カ国中13カ国が公式に採用しています。

 

2006年12月の時点で、ユーロは世界中の外国為替市場で最大の取引量になるまでになりました。それだけ、世界の基軸通貨としての力を持っていると言えます。

 

また、この通貨を採用する際には、インフレ率や財政収支、政府累積債務について、各機関の定める基準をクリアする必要があり、最も安定した貨幣とも言えるかもしれません。

 

ユーロの問題点の一つとしては、財政は各国の政府が、金融・為替は欧州中央銀行(ECB)が一元管理するので、経済政策の一体性にかける、という面があることです。

 

EUは、一つの国ではなく連合である為、各国の経済状況には、どうしても格差が生まれてしまいます。

 

通常は、経済の立て直しとして金融政策が行われることが多いですが、ユーロで単一化されている為に、金融政策が行えない、という状況になってしまうのです。

 

EUには、安定化協定(The Sta.bility and Growth Pact)がありますが、この協定により、各国の財政赤字はGDPの3%以内に抑えることになっています。

 

しかし実際には、財政赤字の限度額をフランスやドイツのみならず、イタリアやギリシャも超過しており、財政赤字削減期間の延長や罰則規定の緩和など、協定を柔軟に運用することで決着することになりました。

 

将来的に、当初の構想通りに各分野においての統合が出来上がるまでは、この問題の解決は難しいと言えます。

世界の基軸通貨である米ドルは、世界の主要国の政策により変動をしますが、その分、取引量が最も多い通貨で、情報量が多いことも特徴の一つと言えます。

 

為替変動の傾向としては、上がり基調の場合は堅調に推移し、下落しだした時には急速に下がる傾向があります。

 

また、いくつもの通貨が、米ドルと連動されており、実質的に、世界経済を引っ張っているとも言えます。

 

日本のニュースなどで、よく「円安」や「円高」という表現をしますが、前提として米ドルに対して、という意味で使用されています。

 

アメリカに大量の資金が流入する理由は、他国に比べ、金利や株価が他国よりもずっと高く設定されているからだと言えます。

 

各国の投資家は利回りの高さを見込んでアメリカの株式や債権を購入することで、アメリカに多額の資金が流入しているのです。

 

しかし、ここで重要なのは、流入される多額の資金の多くは「米ドル」だということです。

 

これは、アメリカが米ドルで借金を抱え、各国(特に日本)の投資家が米ドルを保有していることになります。

 

この為、米ドルが安くなると、アメリカは借金が目減りし、米ドルを保有している投資家の資産も目減りしてしまいます。

 

その結果、自国の資産を守る為には、米ドルが値下がりしないように、更にアメリカに融資をすることになるのです。

円安・円高という言葉はニュースなどでよく聞きますが、FXを行うには『円高・円安』というものが最も重要であるといっても過言ではありません。

 

ここで1ドル=115円だったのが、レートが変動して1ドル120円なった場合を例にあげてみます。

 

この場合、一見、115円から120円と高くなっているのをみると『円高になった』といってしまいそうですが、正解は『円安』です。

 

今まで1ドルを購入するのに115円で買えていたものが、変動によって120円支払わなければ1ドルを購入することができなくなったのです。

 

すなわち、円の価値が安くなったということ『円安』を表しています。

 

では、100ドルのブランドバックの場合はどうでしょうか。

 

1ドル=100円の場合、100ドルのブランドバックは1万円で買えることになりますね。

 

では、1ドル=70円になったときにいくらで買えるかを考えると…、100ドルのブランドバックはなんと7000円で買えることになるのです。

 

バックの値段(価値)は変わっていませんが、ドルで見てみれば全くの同じ金額なのですが、円が強くなった(円の価値が上がった)ことで日本円では少ない出費で買えました。

 

これこそがFXの基本となってきます。

 

円高のときにドルを買って、円安になったときにドルを売る。そうすることによって利益が発生するのです。

 

(ドルの価値が安いときに買い、反対に価値が上がったときに売る。と、ドルで考えるとシンプルで分かりやすいです。

 

“円安=ドル高”“円高=ドル安”と覚えておきましょう。

当サイトについて

私たち日本人が日常使っている通貨の単位は”円”ですね。

 

しかし、海外旅行に行く、となったときはどうでしょうか?

 

多くの場合、旅行先の国では例えば日本の1000円札で買い物はできないのではないでしょうか。

 

日本は円、アメリカやオーストラリアなどはドル、ヨーロッパはユーロ、といったように、その国にはその国の定められた通貨が存在します。

 

FXはその通貨同士の関係をしっかり把握していなければスムーズに取引を行うことはできないのです。

 

当サイトではそんな通貨とFXの関係をご紹介していますので、なにかの参考にしていただければ幸いです。

  • YAHOOスポーツ・・・サッカー、野球、ゴルフ速報
  • YAHOO天気・・・最新天気情報
  • YAHOOニュース・・・ニュース速報
  • YAHOO地図・・・地図の検索、ロードマップ
  • 美容皮膚科

  •